長岡遠征、行ってきました。

今回の連休は、長岡でプール練習です。

とっても使い勝手が良く、思いっきり練習できるプールなため、近くにこんなにも素晴らしい施設があるということは、室内プールを持っていない本県にとっては嬉しい限りです。

遠征は、金銭面に負担をかけますが、それでも選手を送り出してくれる保護者の方々には感謝です。 ありがとうございます。

今回の遠征も、皆頑張りました!

image

遠征初の咲良選手。

基本動作が身に付いてきました。飛込競技は基本動作が本当に大事!

大輪の花を咲かせるために、引き続き基本練習に取り組んでいこう!

image

基本練習に徹した遠征になったが、それも大切な事!

今後は、レベルアップに向けた「チャレンジ」も必要だね!

image

受験勉強の合間に遠征参加!

少しずつ動きが洗練されてきたかな。

image

 

練習時間が最大の課題。

これさえクリアできればとっても楽しみな選手。

image

 

image

一番手をかけてあげる必要のある選手。

目標達成には「心」の成長が最大の課題。

trim.8AE17698-8B84-401B-8115-E59C0A51F9CE

これには驚きました!

限られた時間の中で目に見える成長と努力の成果が現れました。

飛べて良かったね♪

 

今回の総括としては、

陸上での練習動作やその練習時に対する意識の高低が、プールでの演技を決定づけるということ。

良い面も悪い面も、普段の練習に対する取り組み様が、その選手の一本一本の演技の質を決めているということ。

陸上練習を丁寧にできない選手がプール練習の時に限ってきれいに飛ぼうと意識をしたところで、その選手はきれいに動く練習を普段からしていないのだからできるわけがないんだ、ということ。

そして、本クラブはプール練習よりも陸上練習の方が断然多い傾向にあるため、その癖は選手の体にどんどん染み付き、離れにくくなっていってしまうということ。

普段の練習をもっともっと丁寧にやっていこう。

そして、村上選手のような立派な選手になっていこう!

trim.E6D83AFB-DF1D-407A-A49D-DBA02BD39E2C

image

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月24日 長岡遠征、行ってきました。 はコメントを受け付けていません。 未分類