今シーズンをもって現役を引退した熊木流希くん(写真中央)。

小学3年生より飛込競技を始め、あれから10年間がたちました。

トランポリンで初めて前宙返り2回エビ型の練習に取り組んだ直後の様子です。

これまで経験したことのない動きに挑戦するということは、怖くて、不安で身体が震え、自信がもてないものです。

それでも、逃げずに取り組めた流希くん。

種目のプレッシャーに押しつぶされそうになったことによる涙は、この涙が最後だったような気がします。

彼は言っていました。

膝の怪我により、思うように競技に打ち込めなかったことで、飛込を辞めようと考えたこともあったが、辞めずにここまでやってこられて本当に良かった。途中で辞めなかったことで、新たな苦しみや辛さも正直あったけれど、そこから学ぶこともたくさんあった、と。

彼の心は、本当に成長しました。

彼は、日々の取り組みの中で「学ぼう」「吸収しよう」「次に活かそう」とする姿勢が常に見られる選手でした。

高3のシーズンには、

練習が出来ることのありがたさ、

一本の大切さを見に染みて感じていたからこそでしょうか、

良い感覚を得た際には、練習ノートを開いてメモをとっていました。

練習中に自分にとって大切な内容だと感じたコーチングに関しても、ノートに書き残している姿がありました。

そして、そのノートが次に開いていたのは、大会の時。

自分が飛ぶ前にノートを開き、一本の成功に向けて自分としっかりと向き合う姿は、本当に頼もしく感じていました。

彼のような選手が今後も育ってほしいと切に思いながら、今いる選手とともに頑張っていきます。

 

10年間、本当によく頑張りました。

これからの人生に幸多きことを祈ります。

9月15.16.17日に金沢プールを会場にして、

国民体育大会水泳競技(飛込競技)が開催されました。

国体は、定められた競技会において標準点を満たした選手が予備エントリーすることができ、その中から達成率のよい選手順に選出され、各都道府県の参加枠が決められます。

そして、その参加枠の中から各都道府県は最も入賞する可能性の高い選手を各種目につき1名ずつ選出するので、国体は各都道府県の精鋭が集結する大会なのです。そのため、会場は他の競技大会とは異なった雰囲気があり、出場選手らは各都道府県の応援を力に変えて競技します。

種目は、『成年男子高飛込と板飛込』『成年女子高飛込と板飛込』『少年男子高飛込と板飛込』『少年女子高飛込と板飛込』に分かれています。

 

本県からは、高校3年生の熊木流希選手が少年男子飛板飛込に、今回で二度目の出場を果たしました。また、流希選手の妹でもある熊木蘭選手は中学3年生でありながら少年女子高飛込と飛板飛込の2種目に出場しました。

結果

熊木流希選手

飛板飛込  得点229.80  15位

ベストスコアで演技することができれば7位に入ることができただけに、常にベストパフォーマンスを披露することの難しさを感じた結果となりました。

 

熊木蘭選手

飛板飛込  得点208.60  11位

高飛込  得点204.10  11位

どちらも入賞とはなりませんでしたが、入賞メンバーのほとんどが高校3年生という結果をみると、技術面・筋力面・精神面と、なにより経験値等の差を痛感させられました。今回の経験を活かして、これからの練習に取り組んでいってほしいと思います。

国体での悔しさは、国体でしか晴らすことができません!!

 

競技会に出場するごとに、ぐんぐん成長していく選手の姿をみると、本当によく頑張っているな!と感じます。

声援、ありがとうございました。

今年度も、表記の大会が22日から25日までの四日間、大阪プールにて開催され、本クラブからは5名の選手が出場をしました。

結果は以下の通りです。

長岡  凜(全国大会初出場)

◯9-11歳女子1m飛板飛込

得点123.55    16位

失敗を悔やみ、涙を流しながらの試合運びでしたが、彼女の持ち味である高さのある力強い演技は披露することができました。

自分の思った通りの演技ができずに悔しい思いをした彼女ですが、今回の悔しさを今後頑張る源にしてほしいと思います。

 

小板橋  咲良

◯12-13歳女子1m飛板飛込

得点261.55  第3位(銅メダル獲得)

◯12-13歳女子高飛込

得点257.00  第4位

12-13歳(グループC)区分で出場できるのは今年で最後でした。彼女の演技は、基本を忠実に表現し、誰が見ても美しいと感じることができます。まだ、スピードや力強さに課題がありますが、表彰台に上がれたことは、大きな自信にしても良いでしょう。

全国大会で表彰台に上がった選手は、日本水泳連盟よりジュニア強化選手の指定を受けることになります。これからの更なる成長を期待します。

 

眞塩  剛輝

◯14-15歳男子3m飛板飛込

得点325.60  第7位

膝に傷害を抱えている彼は、練習の内容や量を調整しながら日々の練習に取り組んできました。

難易度の高い種目への挑戦を回避し、試技可能な種目の質を高めることに専念してきたことで、今回の成績へとつなげることができました。

 

熊木 

◯14-15歳女子高飛込

得点310.35    第3位(銅メダル獲得)

◯14-15歳女子3m飛板飛込

得点338.20    第3位(銅メダル獲得)

彼女の中で、ずっと目標にしていた全国大会での表彰台。近いようで遠かった表彰台にようやく上がることができ、これまでの努力が報われたように感じます。まだまだ成長過程にある心・技・体。自分自身の身体や演技に興味をもち、演技の質を高めていってほしいと思います。

 

近藤  花菜

◯16-18歳女子3m飛板飛込

得点252.50    第3位(銅メダル獲得)

◯16-18歳女子高飛込

得点268.45  第4位

野村孝路コーチとマンツーマンの練習が始まってから5ヶ月。基礎から練習を積み直し、ようやく上ることのできた表彰台。満面の笑みで声援に応える彼女の表情はとても輝いていました。

おめでとう!

 

たくさんのご声援、ありがとうございました。

残る戦いは、国体と日本選手権です!

引き続き、温かい応援をよろしくお願いします。

 

 

岡山県倉敷市にある児島マリンプールにおいて、8月17日から19日までの三日間、全国中学校水泳競技大会が開催されました。

本県からは、

眞塩剛輝(前橋市東中学3年)

熊木蘭(四ツ葉学園中等教育学校3年)

小板橋咲良(中央中等教育学校1年)

の3名が出場しました。

 

結果

眞塩剛輝

男子3m飛板飛込  255.55点  14位

熊木蘭

女子高飛込  299.55点  3位(銅メダル獲得)

女子3m飛板飛込  273.60点  11位

小板橋咲良

女子高飛込  228.15点  20位

女子3m飛板飛込  259.45点  18位

以上

熊木蘭選手に関しては、中学最後の大会で見事表彰台に上ることができました。『表彰台に上がる』事が第一目標だったので、本当に嬉しかったようです。

おめでとう!

 

「全国中学/インターハイ 結果報告」の続きを読む…

 

2018.8.9-13in高知県合宿(内容紹介動画)

夏休みも中盤を迎え、いよいよ各種全国大会が間近になりました。

全国大会前は、競技に集中するために毎年合宿を行っています。

今年は、高知県水泳連盟の方々のご厚意のもと、8月9日から13日にかけて

強化合宿を実施させていただけました。

素晴らしい環境下で、内容の濃い練習を積むことができました。

 

8月17日から、名古屋でインターハイ。岡山で全国中学が開催されます。

そして、21日からは大阪で全国JOCジュニアオリンピックカップ、

9月には日本選手権と国体も控えています。

それぞれのステージで、それぞれが掲げた目標達成にむけて

頑張ってもらいたいと思います。

 

是非、選手の応援をよろしくお願いします。

平成30年度関東高等学校水泳競技大会が7月21日、22日に神奈川県の相模原グリーンプールで行われました!

結果

1日目

女子3m飛板飛込

第7位山田千尋(前橋商業) インターハイ出場権獲得

2日目

男子3m飛板飛込

第5位 熊木流希(四ツ葉学園) インターハイ出場権獲得

女子高飛込

第7位 山田千尋(前橋商業) インターハイ出場権獲得

群馬県からは2名の選手が8月17日〜20日に名古屋で行われるインターハイに出場できることになりました!

インターハイでさらなる良い演技をしてくれることを期待しています!

皆さん、応援ありがとうございました!

来週は埼玉で全国JOCジュニアオリンピックカップの関東予選が行われます。

群馬DCからは小学生から高校生までの8名の選手が出場します!

引き続き応援をよろしくお願いします!