今年も一人、チームから巣立ちました。

今シーズンをもって現役を引退した熊木流希くん(写真中央)。

小学3年生より飛込競技を始め、あれから10年間がたちました。

トランポリンで初めて前宙返り2回エビ型の練習に取り組んだ直後の様子です。

これまで経験したことのない動きに挑戦するということは、怖くて、不安で身体が震え、自信がもてないものです。

それでも、逃げずに取り組めた流希くん。

種目のプレッシャーに押しつぶされそうになったことによる涙は、この涙が最後だったような気がします。

彼は言っていました。

膝の怪我により、思うように競技に打ち込めなかったことで、飛込を辞めようと考えたこともあったが、辞めずにここまでやってこられて本当に良かった。途中で辞めなかったことで、新たな苦しみや辛さも正直あったけれど、そこから学ぶこともたくさんあった、と。

彼の心は、本当に成長しました。

彼は、日々の取り組みの中で「学ぼう」「吸収しよう」「次に活かそう」とする姿勢が常に見られる選手でした。

高3のシーズンには、

練習が出来ることのありがたさ、

一本の大切さを見に染みて感じていたからこそでしょうか、

良い感覚を得た際には、練習ノートを開いてメモをとっていました。

練習中に自分にとって大切な内容だと感じたコーチングに関しても、ノートに書き残している姿がありました。

そして、そのノートが次に開いていたのは、大会の時。

自分が飛ぶ前にノートを開き、一本の成功に向けて自分としっかりと向き合う姿は、本当に頼もしく感じていました。

彼のような選手が今後も育ってほしいと切に思いながら、今いる選手とともに頑張っていきます。

 

10年間、本当によく頑張りました。

これからの人生に幸多きことを祈ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年9月30日 今年も一人、チームから巣立ちました。 はコメントを受け付けていません。 未分類