第41回全国JOCジュニア五輪結果

今年度も、表記の大会が22日から25日までの四日間、大阪プールにて開催され、本クラブからは5名の選手が出場をしました。

結果は以下の通りです。

長岡  凜(全国大会初出場)

◯9-11歳女子1m飛板飛込

得点123.55    16位

失敗を悔やみ、涙を流しながらの試合運びでしたが、彼女の持ち味である高さのある力強い演技は披露することができました。

自分の思った通りの演技ができずに悔しい思いをした彼女ですが、今回の悔しさを今後頑張る源にしてほしいと思います。

 

小板橋  咲良

◯12-13歳女子1m飛板飛込

得点261.55  第3位(銅メダル獲得)

◯12-13歳女子高飛込

得点257.00  第4位

12-13歳(グループC)区分で出場できるのは今年で最後でした。彼女の演技は、基本を忠実に表現し、誰が見ても美しいと感じることができます。まだ、スピードや力強さに課題がありますが、表彰台に上がれたことは、大きな自信にしても良いでしょう。

全国大会で表彰台に上がった選手は、日本水泳連盟よりジュニア強化選手の指定を受けることになります。これからの更なる成長を期待します。

 

眞塩  剛輝

◯14-15歳男子3m飛板飛込

得点325.60  第7位

膝に傷害を抱えている彼は、練習の内容や量を調整しながら日々の練習に取り組んできました。

難易度の高い種目への挑戦を回避し、試技可能な種目の質を高めることに専念してきたことで、今回の成績へとつなげることができました。

 

熊木 

◯14-15歳女子高飛込

得点310.35    第3位(銅メダル獲得)

◯14-15歳女子3m飛板飛込

得点338.20    第3位(銅メダル獲得)

彼女の中で、ずっと目標にしていた全国大会での表彰台。近いようで遠かった表彰台にようやく上がることができ、これまでの努力が報われたように感じます。まだまだ成長過程にある心・技・体。自分自身の身体や演技に興味をもち、演技の質を高めていってほしいと思います。

 

近藤  花菜

◯16-18歳女子3m飛板飛込

得点252.50    第3位(銅メダル獲得)

◯16-18歳女子高飛込

得点268.45  第4位

野村孝路コーチとマンツーマンの練習が始まってから5ヶ月。基礎から練習を積み直し、ようやく上ることのできた表彰台。満面の笑みで声援に応える彼女の表情はとても輝いていました。

おめでとう!

 

たくさんのご声援、ありがとうございました。

残る戦いは、国体と日本選手権です!

引き続き、温かい応援をよろしくお願いします。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年8月25日 第41回全国JOCジュニア五輪結果 はコメントを受け付けていません。 お知らせ 未分類